歯の健康を絶対守るべき3つの理由【OCキューブ】

更新日:8月9日


リットフィットにはどんな方が通われているのか、またどんな専門性を持った人なのかなどを知っていただければ嬉しいです!今回ご紹介するのは信頼できる歯医者さんです!

いい歯医者さんといい美容師さんは誰もが一度は探すのに苦労した経験をお持ちではないでしょうか?歯や髪はとてもプライベートはパーツなので技術レベルがよくわからない人に触ってほしくはない場所だと思います。その割には本物と出会う方法が確立されているとは言い難い。ですので今回は絶対信頼を置けると自信を持っておすすめできる歯医者さんをご紹介いたします。


まず、そもそも歯医者さんには歯が痛くならないと行かないという方がいらっしゃいます。でもそれは虫歯になってから、しかもかなり進行してからの施術になるので、痛みも大きく、歯を削る量も多くなりがちです。2−3ヶ月に一度定期検診として歯医者さんに通っていれば虫歯は小さいうちに治療できるので痛みも少なくて済みますし、歯並びや審美的なことも相談することができます。とはいえ、そこまで見た目にこだわるわけではないという方でも口腔ケアをするべき三つの理由をお伝えします。


①においによるマイナスが大きい

口臭が気になる人と親密に話がしたいと思う人は特殊な例外を除けばないに等しいと思います。口の臭いは顔以上に印象に残ります。どんな美人もどんなイケメンも口臭の印象で近寄りがたい人になってしまいます。そして困るのはその臭いに本人はほぼ無自覚であるということ。鼻毛が出ている場合同様、指摘もしづらいのが特徴です。知らない間に「口が臭い人」と思われるのはもったいなくないですか?


②他の病気へ進行する可能性がある

虫歯や歯周病は脳や心臓、腎臓、目の病気につながる可能性がることが最近の研究で明らかになってきました。どんなに素晴らしい食事内容に改善していただいても、虫歯を放置していれば素晴らしい身体や見た目を保つことができません。ましてや、内臓に感染が拡大した場合の悲惨さは想像を絶するものがあると思います。小さいうちに病気の芽は摘んでおくべきだと思います。


③運動や脳のパフォーマンス発揮に大きく関わる

「咀嚼」が脳に良い影響を与えるという話はよくテレビなどでも紹介されていますが、噛み合わせによって発揮される全身の筋力が変わったり、重心の位置が変わったりすることがあるのはご存知でしょうか?2000年代に入ってから進んだ分野ではありますが、「スポーツでプロを目指すならまずは歯列矯正」と言われる時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。

LITFITではご来店いただくお客様に必ず変化や改善を提供したいと考えております。しかしながら、歯並びや歯周病の影響で本来出るはずだった結果より低い改善で留まったとするととても残念に思います。


ちなみに僕の歯も梅津先生に見ていただいております。自分が26の頃に歯を一本失いました。

インプラント施術可能か検査を受けに行ったら僕の場合頬の骨が通常より薄くインプラントはほぼ外科手術で費用的にも大きくなることが判明しました。だけど健康な歯を削りたくなかったのでブリッジにするという決心もできませんでした。目立たない奥歯だったこともあり対応がのびのびになっていたところ、梅津先生がパーソナルのお客様として来られ、インプラントの専門の学位をアメリカでとったという話を伺い、「インプラントをするなら梅津先生だ!」ということでお世話になることになりました。


<梅津先生の歯科医院ホームページ>

http://oc3.jp/

<梅津先生が載った記事>

https://tokyodentist.info/introduce/umezujp/


日比谷にあった先生の医院(現在は銀座)で無事インプラントを施術して頂き、現在も痛みも不具合も起こることなく

僕は芸能の仕事をすることもあるので文字通り歯が命な訳ですが、「そこまでではない」という方にも健康を保ち、美しくいるため、良好なコミュニケーションの為に口腔ケアはマストです。

アメリカの学位を取得された先生なので当たり前ですが、英語対応が可能です。外国籍の方で歯の治療に関して日本語の説明だけだと心配だという方がいらっしゃれば是非教えて差し上げてください。



閲覧数:14回0件のコメント